株の仕組み

株の買い方を学ぼうという前にまず知らなければならないのは、まず株そのものについての知識で、それから初めて株を買うことに進んでいきます。一番よく目にするのは、「株式会社〜」とか「〜株式会社」などのような形になっていることだと思います。

株、正式には株式(かぶしき)のことで、株式会社における社員権のこと、いわゆる「持分」ということになります。企業が事業を拡大するためには大きな資金が必要ですが、その際に「株券」を発行し、投資家から資金を調達するのです。

一人当たりの出資額が小さくても、多数の出資者がいれば、十分に資金の調達はできるというわけです。株式の金額とは、その会社の株券を購入を希望する人が多ければ多いほど、上がるというしくみになっています。多くの人が希望する株券は、すなわちその会社の先での成長が期待されているということを意味しています。

この出資をしている人を株主と呼び、株式会社によって生産された利益は、出資額の割合に応じて配分されるようになっています。ところが利益が上がっている場合はなにも問題はありませんが、それとは逆に経営が赤字である場合も、負担分が株主に分配されてしまいます。最悪の場合、その会社が倒産してしまい、株式価格が全くなくなってしまう、という場合もあるのです。

株を買いたいと思っている人は、こんな株の仕組みを充分頭に入れ、株主になるための責任は忘れずに、どこの株を購入するのか検討することが大切でしょう。買い価格、売り価格を比べてもうけられるかよく考え、売るときを失敗して大損をしてしまうというようなこともあるので、出資額はあまり無理のない程度にするのがいいでしょう。

株価について

株式を取引する際に、その株式に価格が付けられますが、その価格を「株価」といい、株価は常に変動するので買い時売り時を見極めなければなりません。物価は基本的に需要供給のバランスで自由に決定できますが、売買が行われる証券取引所で適用された株価を評価基準にすることが多いそうです。

株主が株の売買で利益を得るためには、株を買った価格よりも売った価格の方が高くなるように、売るときを選べばいいということです。これが「キャピタルゲイン」と呼ばれる利益のことで、それともうひとつ配当によって出た利益がありますが、これは「インカムゲイン」と呼ばれています。利益があれば反対に損失もあるのが株式取引で、株式の売買で生まれる損失のことは「キャピタルロス」と呼ばれています株価は毎日変動しますが、一日の最初に取引された株価のことを「始値」といい、一日の最後に取引された株価のことを「終値」といいます。このときの一番高い株価を「高値」、反対に一番低い株価を「安値」というのですが、これら「始値」「終値」「高値」「安値」のことを「四本値」と呼んでいます。

この四本値を見ると、その日一日の株価の変動をだいたい把握することができるのですが、株価とは変動はするものの、大幅な動きをするものではありません。といっても一日の内に変動が可能な範囲であれば、暴落が起きることもありうるので、それは覚えておく必要があるでしょう。

株価の動きを把握するためには、チャート(罫線表)の見方も勉強してください。東証株価指数(TOPIX)、日経平均株価などがその有名なものとしてあげられますが、これならニュースなどを見ていてよく耳にする、という人も多いでしょう。それにしても、株って難しいと思うかもしれませんが、これから株に挑戦する人は、ちょっと耳を傾けてみてはいかかですか。

株式が流通する株式市場

証券市場は、発行市場と流通市場の総称です。発行市場は、有価証券いわゆる株式や公社債などの発行が行われるところです。それから流通市場では、その証券が売買されています。株式市場というのは、すなわち株式が発行され、売買をされているところなのです。

証券取引所を指すこともあります。発行市場は、会社の経営に関わる資金の調達に大きく関係しているのですね。株式は、株式市場で流通するものとしないものがあるのです。上場企業とは株式市場で流通している企業のことを指します。

また、株式市場で流通している株式は、一般投資家も買うことができます。日本では東京証券取引所や、ジャスダック、マザーズ、ヘラクレス、セントレックスなど、さまざまな市場があります。安定した企業を意味する重要なポイントとして、東京証券取引所は1部と2部に分かれています。そして1部に上場していれば安定した企業を意味します。

上場基準が甘いのはマザーズ、セントレックス、ヘラクレルなどで、新しい会社も上場することが可能なのですが、価格の変動が安定していないのも特徴です。私たちの国だけではなく、株式が取り引きされているのは世界にも市場がたくさんあるのです。

日本の株式だけでなく、海外の会社の株式を買う人も増えています。それにはかなりの知識が必要ですね。成長の著しい国に目をつけるのも手かもしれませんよ。それから、月曜日から金曜日までの午前9時〜午後15時までが株式市場の営業時間です。

スポンサードリンク